2018年6月13日水曜日

第8回ゼミ

 ゼミ生のKです。
 第8回ゼミを行いました。今回のゼミでは、最初に、来年の春休みに行うスペインへのゼミ合宿についての確認をしました。なぜかというと、夏に行う予定だったゼミ合宿で使う旅館が満室で予約が取れず、計画変更になってしまったため、これを教訓にスペインへのゼミ合宿は早めに準備を開始しようと考えたからです。
 話し合いを終えると次に『はじめよう、ロジカル・ライティング』という教科書を使い、「意見文」について学びました。そこで、「意見文」には、「話題」「主張」「理由」の三要素に、適切な「説明」があることが、必要だと学びました。
「話題」とは、意見文の中で、「中心になって論じられている問い」のことです。ここでは注意が必要です。意見文を書いているうちに、「話題」が違う方向へ進んでしまうことがあるからです。そのため、意見文を書く際には、常に話題を意識することが重要だと、先生がおっしゃっていました。
 「主張」とは、「話題の答えとして、最も伝えたいこと」です。これがなければ意見文が始まりません。
 「理由」とは、「ある主張をするときに、なぜ自分の考えが正しいといえるかを読み手にわかりやすく伝えるためのもの」です。相手を納得させるためには、この「理由」の部分が必要不可欠です。意見文の中でも、重要なポイントだといえるでしょう。
 これらの三要素のそれぞれに適切な「説明」が加えられることで初めて、「意見文」と呼ぶことができるのです。今日学んだことは、大学でのレポートはもちろん、社会人になってからも、様々な場面で活かせることだと思うので、頭の中にしっかり入れ込みました。
 授業が後半に差し掛かった頃に、新書紹介を行いました。いつもは、ゼミ生4人全員が発表するのですが、今回は、教科書の勉強に力を入れたので、2人の発表となりました。
 1人目はNさんが萱野稔人さんの『死刑その哲学的考察』について、発表しました。この本は、著者の、死刑制度についての考察が主な内容となっていました。考察に関しても、道徳、法制度、哲学など、様々な観点を使っているところが、特徴だと感じました。発表の中で、国民の80%が死刑制度に賛成していると知りました。そして、その背景にある理由として、最も大きいものが、被害者遺族の応報感情だということでした。確かに、自分の身内が、殺されたら、その犯人が生きていることが許せないという気持ちになるだろうと思います。逆に死刑廃止の理由についても、いくつか説明していただきました。その中で、冤罪の人を殺してしまう可能性があるというものがあり、この可能性がゼロにならない限り、死刑をしてはいけないのではないか、という考えにもなりました。個人的な意見にはなりますが、死刑制度について考えるときには、その死刑を執行する人がいるということも、忘れてはならないと思いました。
 2人目はOさんが渡辺克義さんの『物語  ポーランドの歴史』について発表しました。この本は、ポーランドの、度重なる国家消滅に関わる、人々の「抵抗の歴史」についてが主な内容となっていました。発表を聞いていると、長い歴史の中で、ポーランドという国は、幾度となく、敵国に攻められ、大変だなと感じました。なぜポーランドが侵攻を多く受けてきたのかというと、周りにドイツやロシアなどの強国があるという立地的な面と、文化的な違いなどがあったからだということでした。それでも抵抗を続けたことには、ポーランド人の自由を求める力が大きかったからだと、説明していただき、強い民族だなと感じました。またこの本には、抵抗のための作戦なども、詳しく書かれているらしいので、深く学べる本なのではないかと思いました。なおかつこの本は、ポーランドについての知識があまりない人でも、入門書として読めるものだと、本の中に記載されていました。
 最後に、相澤先生から、今後の予定などの話を聞いて、今回のゼミを終えました。今回もありがとうございました。以上です。

2018年6月11日月曜日

2018年度第7回ゼミ


ゼミ生Nです。第7回ゼミ活動の報告を行います。今回の講義内容は、新書紹介をはじめに行い、次に合宿の取り決め、最後に宿題にあった接続詞の答え合わせという流れとなります。

まず最初、Rさんから新書紹介を行いました。新書は、青木仁の『快適都市空間をつくる』(中公新書、2000年)です。本書の問題意識として、日本の都市、とりわけ東京に関して、その暮らしにくさが挙げられていました。その理由に、本の筆者は明治以降の産業優先による都市開発が原因だと述べている。新書発表では、Rさんがその解決策の内2つほど抜粋し、紹介しました。1つ目に、歩くことの復権、2つ目に消費の復権と述べていました。私が、簡単に説明すると前者では主に自動車を利用し続けることによってもたらされる諸問題などを提起し、後者では従来の生産に偏った都市形成から消費に根差した都市形成、開発の重要性を主張されていました。聞いていて、時代の流れによって変化する都市の役割、再創造など興味深い内容でした。たしかに、今の都市を想像すると多くの店や飲食店が立ち並ぶ光景が想像できます。それは、意図的に従来の都市の形から消費型の都市の形に変化したと考えると、なんとも壮大な都市計画だと感じてしまいます。普段関心の持たなかった都市環境に目を向けようと強く感じるとともに現在の消費型の都市から将来はどのような都市形態に変貌するのか興味がわいてきます。

次にOさんの発表です。Oさんは『北朝鮮』という北朝鮮の情勢を取り扱った新書を紹介されました。Oさんは本書の内容でも、オリンピックを巡る政治対決、冷戦の終結から核ミサイル開発など、現代の私たちに関わる北朝鮮問題について紹介し、馴染みやすい内容となっていました。北朝鮮が米国との対抗、交渉のカードとして核兵器を持つに至った背景や思惑など、今より北朝鮮という国の姿を知ることができました。最近、北朝鮮と米国の動きが進展し始め、より注意深く北朝鮮情勢に関心を持たなくてはならないように感じます。発表を聞いていて、この機会に北朝鮮について学ぼうと思いました。

次に、このブログの筆者のNの発表です。私が紹介した本は春日武彦の『自己愛な人たち』(講談社現代新書、2012年)という新書です。内容は、様々な事例をあげ、それに対して精神科医の立場から「自己愛」について分析、解説したものとなっています。想像や説明では納得いかない他人の理解しがたい部分を感じさせられます。私たち人間は人間である以上、ある程度の「自己愛」がなくては生きていけません。ある人にとって、他人に認められることで「自己愛」を満たす者もいれば、自分の体を傷付けることによって生の実感を得て、それが結果的に自分の存在証明につながり「自己愛」を満たす者もいます。このように人間の心は一筋縄ではいかない複雑さを持ち合わせ、それぞれ共存しています。本書を読み終えた時、なんとも言えない不完全燃焼な気持ちになりました。しかし、人間の愛情を理解しようとすること自体がおこがましい行為であり、理解しがたいものこそ人間の愛情であり「自己愛」であると作者は言いたいのだろうかと勘ぐってしまいます。人間の愛情は理解を超える存在なのかもしれません。

最後は、Nさんです。飯島裕一の『健康不安社会を生きる』(岩波新書、2009年)という健康に関する新書発表です。発表では3章ある内容を簡潔に説明していました。第1章では、健康に対する定義が明確になるほど健康の体を維持する考えから不健康な部分を探す考えにシフトいく現象について、第2章では、「フードファディズム」といわれる食べ物が病気や健康に与える影響を過大評価する問題についてそれぞれ説明されました。そして、最後の第3章ではメタボの問題や運動の関わり合いなどを紹介されました。私自身、どの章の内容も興味深いと思いました。特に、第1章の健康定義の明確化によってもたらされる健康意識の変化については面白いというより不気味な印象を受けました。何かを追求し続け、最後には常軌を逸するまでに陥る、よく小説などで展開されるお話パターンです。必要以上に健康にこだわった生活習慣はどのような姿なのか覗いてみたいです。

以上が新書発表の内容でした。それぞれ、異なるジャンルの新書だったので学ぶこともたくさんありました。ありがとうございます。



2018年6月1日金曜日

2018年度第6回ゼミ

ゼミ生のOです。

 第6回ゼミを行いました。今回は、各自が読んだ新書を発表した後に教科書『はじめよう、ロジカル・ライティング』を読みました。

 新書発表では、最初にNさんが堤未果『貧困大国アメリカ』(岩波書店、2008年)を紹介しました。この本は、アメリカの裏に隠された格差を医療、街、社会制度の面から論じています。アメリカと言うと、「自由な国」や「アメリカンドリーム」というイメージが強いですが、その裏には高額な医療費によって治療を受けられない人が大勢いるという医療格差の問題があります。本書によれば、この背景には、自由競争による貧困層の増加と、それに伴う財政赤字の発生があるとのことでした。報告を聞いて、充実した医療制度と財政面をうまく両立するのは、非常に難しい事だと感じました。これからの将来、高齢化が進む社会で生きる私達が、真剣に考えなければならない問題だということが伝わりました。

 次に相澤先生からは、鈴木透『スポーツ国家アメリカ 民主主義と巨大ビジネスのはざまで』(中央公論新社、2018年)を紹介しました。この本は、スポーツの歴史、実践からアメリカ社会を読み解こうとしています。誰もが平等にフェアプレー精神のもとで競い合い、楽しむはずのスポーツ。しかし、多民族国家アメリカでは、長らく黒人や女性は競技に出場すらできない事がありました。今では、日本人メジャーリーガーがいたり、多くの黒人選手も活躍していますが、スポーツの理念とは異なることが過去に平然と行われていて悲しいと感じました。今の日本大学タックル問題とも関連しますが、スポーツをする人みんなが、フェアプレー精神と敬意を持つ事が重要だと思います。

 次に私Oが、木村幹『韓国現代史』(中公新書、2008年)を紹介しました。本書は、日本統治時代を経て成立した「大韓民国」の歴代大統領の経験や体験を通して描かれています。建国してすぐに起きた朝鮮戦争(1950~)、日韓関係、国内政治、などの難しい問題に対して、時の大統領は何を考えていたのかがわかる一冊です。現在、北朝鮮との緊張関係から一転して、対話への動きを見せる朝鮮半島情勢。韓国の政治史を見ると、朝鮮戦争以降、幾度となく「対話と圧力」を繰り返してきた事がわかります。急変する国際政治を考える上では、過去の歴史に学べる事が多いということが伝わりました。

 次にRさんからは、釘原直樹『人はなぜ集団になると怠けるのか「社会的手抜き」の心理学』(中公新書、2013年)を紹介しました。この本は、集団で仕事をすることのデメリットについて書かれています。本書で語られている「社会的手抜き」とは、集団で作業を行う場合、1人当たりの努力量が低下する現象です。社会的手抜きの要因としては、自分の努力が集団全体に影響せず、一生懸命仕事をする必要が感じない事。他者が努力せず、自分だけが努力するのが馬鹿らしいと感じる事などが上げられています。私は、集団で作業をした方が効率が良いと思っていましたが、実際には集団の方が手を抜きやすい事は勉強になりました。

 最後にKさんが、髙谷清『重い障害を生きるということ』(岩波書店、2011年)を紹介しました。この本は、1960年代後半、障がい者に対する理解が不十分だった時代の著者の苦悩など、障がい者と社会とのあり方について書かれています。60年代と現代では、障がい者に対しての理解が進み、障がい者福祉が発達しています。しかし、まだまだ完璧に理解しているとは言いがたいです。長い間、障がい者福祉に立ち会った人の経験を知る事は、「人の命」について考えさせられ、良い社会を築き上げる中でのヒントになるのではないかと考えました。

 新書発表の後は、教科書を使って「つなぎの言葉」についてやりました。文章を書く中で、適切なつなぎ言葉を使わないと、後の文章との関係や意味がうまく伝わらなくなってしまうと感じました。

舞台観劇『ヘンリー五世』

 ゼミ生のKです。先日、相澤先生とゼミ生三人で新国立劇場にて、ウィリアム・シェイクスピア作の『ヘンリー五世』を観劇してきました。私は初めて新国立劇場へ行きました。正直な感想としては、オシャレで高貴な雰囲気に溢れているように感じ、少し館内に入るのを躊躇うほどでした。

終演後にぱちり。
    歴史劇の内容を簡単に説明します。『ヘンリー五世』は、イギリスとフランスの権威をかけた戦争のお話でした。主人公のハル王子が、兵士達をまとめ上げフランスに勝利を収める姿は、まさに英雄だと感じます。

    私は観劇初体験でありました。そんな私の率直な感想を書いていきたいと思います。

    まず、劇が始まって20分程経つまでは、セリフが飛んでしまったり、言葉を噛んでしまったりしたらどうするのだろう、というくだらないことを考えていました。しかし、セリフの一つ一つに迫力のある演技が続く中で、そんなことは忘れ、みるみるうちに圧倒されていきました。

    また、劇中で、フランスの貴族、イギリスの貴族、フランスのために戦う市民(兵隊)、また戦場の様子など、それぞれの場面展開がとても上手くて驚き、そして感動しました。大きく舞台セットを変えることなく、観ている私たちに臨場感を感じさせられることはすごいと思いました。

私には想像できない程の周到な準備を重ねてきたからなのだろうと思い、改めて感動しました。とても価値のある体験だと感じました。ありがとうございました。

2018年5月27日日曜日

書評:佐藤洋一郎『食の人類史』(中公新書、2016)

相澤ゼミの参加者は毎週一冊新書を読み、ゼミで内容を報告しています。Rさんがゼミでの報告をもとに佐藤洋一郎『食の人類史』(中公新書、2016)の書評を書いてくれました。同書の面白さが伝わる書評を、ブログにも掲載したいと思います。


 本書は、ユーラシアの狩猟・採集、農耕、遊牧を中心に食と関わる人々の動きや歴史の概要を眺めたものです。著者は、各地域の食文化や風土は密接に関わっていて、それゆえ思想や文化に大きな影響を及ぼすことがあると述べます。その例を二つ紹介します。

 一つ目はパッケージの違いがもたらす思想についてです。人が生物として生きるのに欠かせない栄養素として糖質(炭水化物)とタンパク質が挙げられます。各地域に定住した人類社会は、この糖質とタンパク質を同じ場所で生産し、かつ一体的に調理して食べるシステムを作り上げてきました。本書では、これを「糖質とタンパク質のパッケージ(同所性)」と呼びます。例えば糖質を米から、タンパク質を魚から主に摂取していた地域は「米と魚のパッケージ」に当てはまります。このパッケージの違いは、各地域の思想―ここでは主に宗教―に大きく影響を及ぼすことがあります。例として、東洋に多い「米と魚のパッケージ」と西洋に多い「麦とミルクのパッケージ」を比較します。米と魚のパッケージでは、動物性の食材の多くが魚などの天然資源由来であるのに対して、麦とミルクのパッケージでは、その主要な部分が家畜という「人が作った動物」に由来します。つまり、前者は狩猟という生業を食のシステムに組み入れたのに対して、後者は狩猟や採集とは距離をおくシステムです。後者のシステムは、キリスト教やユダヤ教、イスラム教の考え方に繋がると著者は述べています。すなわちキリスト教では「家畜は神が人に与えたもの」という思想に、ユダヤ教やイスラム教では広範な野生動物の摂食に対する躊躇、ないしタブー感へとつながるのです。このようにパッケージの違いは、大きな思想構造の違いをもたらします。

二つ目は私達になじみ深い和食文化についてです。和食文化は2013年ユネスコの無形文化遺産に登録されました。和食の基本は一汁三菜とされますが、この中の「汁」は豊富な水の存在を背景にしています。出汁のうまみを引き出すためには、多様な魚が手に入ることや、軟水があることが必要で、日本はその条件を備えています。また、日本列島が南北に長く気候の変化に富むこと、火山列島であって複雑な地質を持つことから、採集の対象となる植物資源も多様です。さらに、日本にある明確な四季は和食に欠かせない「旬」をもたらしています。遺産として登録されるまでとなった和食文化はこうした風土と密接に関わり合い、支えられているのです。

このように食の歴史について知るということは同時に風土や文化などの理解を深めることにも繋がります。各地域の現在の姿に至るまでの過程を、食を通して見ることも面白いのではないでしょうか。

2018年5月25日金曜日

2018年度第5回ゼミ

 ゼミ生のRです。

  第5回目のゼミを行いました。今回は初めに各自が事前に選んだ新書の紹介をした後、文章表現能力に関する学習を行い、最後に夏休みに行うゼミ合宿の行き先決めの話し合いをしました。

  新書の紹介では、最初にNさんが福島英『声のトレーニング』(岩波ジュニア新書、2005)を紹介しました。この本には、苦手な発音を練習することが出来る発音のトレーニング方法がたっぷりと書かれているそうです。読んだ内容をすぐに実践に生かせるというのが魅力的でした。自分では苦手でないと思っているような発音でも、トレーニングを実際試してみることで改善点などの気づきがあるかもしれません。

  次に私Rが増田寛也『東京消滅―介護破綻と地方移住』(中公新書、2015)を紹介しました。私は以前から介護業界に興味があったので、本書から介護や地方移住について詳細に学ぶことが出来て非常に勉強になりました。今、東京は介護破綻の危機に直面しています。その為、対策を急ぐのはもちろんです。しかし、実際に対策を実行するには高齢者の方々、地域住民の理解が欠かせません。そういったことも含め、本書の話題は単純に答えが出せない複雑な問題であると学びました。

  そしてNさんが有田正光/石村多門『ウンコに学べ!』(ちくま新書、2001)を紹介しました。私達にとって日常的であるウンコを通して、科学面や文化面、また環境倫理を論ずる内容です。著者のウンコに対する愛がひしひしと伝わってくるそうです。身近な問題であるウンコについて、楽しみ、時には感心しながら読み学べるものとなっている印象を受けました。

  最後にOさんが松尾秀哉『物語 ベルギーの歴史』(中公新書、2014)を紹介しました。言語紛争、分裂危機等、ベルギーの苦難の歴史が中心に書かれています。『フランダースの犬』の舞台であるベルギーですが、その実態については中々知る機会がありませんでした。多言語国家であるベルギーという国、またベルギー人という国民はどのように形成されていったのでしょうか。本書からは学べることが沢山ありそうです。

  新書紹介の後には文章表現能力に関する学習を行いました。学習の内容は、書き手の意図や語順が適切ではない文章を、読みやすいように正しく訂正するといったものでした。この作業は、白紙の状態から自分の意見文を作り上げるよりも難しいように私は感じました。なぜなら、他人の文章を訂正している中で、自分の意見や間違った解釈が文章に表れてしまうことがあるからです。他のゼミ生や相澤先生の訂正文章を聞くことで、自分の訂正文章に足りないものを見つけたりと、充実した文章トレーニングでした。

  そして今回のゼミ活動の最後には、夏休みに行うゼミ合宿の行き先決めの話し合いをしました。候補は網代と金沢だったのですが、現時点では網代に行き先が決まりました。まだまだ先のことではありますが、ゼミ夏合宿とても楽しみです!

2018年5月11日金曜日

2018年度第4回ゼミ

ゼミ生のNです。

第4回のゼミ活動の報告です。内容は、前回の講義の際に各自が選んだ新書をそれぞれ順に発表するものでした。

最初の発表者は相澤先生です。坂本尚志さんの『バカロレア幸福論 フランスの高校生に学ぶ哲学思考のレッスン』(星海社、2018)という幸福論についての新書を紹介されました。「フランス人は日本人より幸福を感じている割合が多い」という切り口から、その理由や教育システムについて概要を説明し、分析する本でした。「幸福とは何か」。これを考え出すと答えが無数に存在するため、答えにくい問題であると思われます。日本人が最も苦手とする部類の問題であるように私には感じます。しかし、この本によれば、フランス教育は、このような問題を高校教育から取り入れており、人々は自律的に考える習慣を身に付けています。発表を聞いていて、日本とフランスとの「幸福」に対する解釈の違いとともにその背景にある教育システムの違いについても興味が沸きました。

次の発表者は、Rさんです。佐藤洋一郎さんの『食の人類史ーユーラシアの狩猟・採集、農耕、遊牧』 (中公新書、2016)という「食」と「人類史」をテーマにした新書を発表されました。一見、「食」と「文化」は何らかの関係性を見出せるが、それが「思想」にまで強い影響を及ぼすことに至るまでは想像が付かなかったです。また、個人的には、和食文化と風土の関わり合いが意外で、大変興味深かったです。「食」1つ取っても学ぶ点が多いことに感心しました。ファーストフードや洋風レストランの登場により、食生活が大きく変化し、それと同時に「食」に対する意識も低下してきている現代。そんな、現状に警鐘を鳴らしているように聞いていて感じました。

次の発表者はこのブログの筆者、Nです。私は、鈴木亘さんの『社会保障亡国論』(講談社現代新書、2014)について発表しました。日本の社会保障の実態をデーターとともに詳細に説明しており、非効率な社会システムについて危機感を感じました。

次の発表者はOさんです。西永良成さんの『レ・ミゼラブルの世界』(岩波書店、2017)を発表されました。物語の時代背景や現代社会にも通じる問題意識、テーマなどを詳しく説明されていました。フランス文学の代表とされる「レ・ミゼラブル」。今に至るまで多くの人に語り継がれるワケ、それは貧困、自由、平等など今も昔も変わらない永遠のテーマに対する鋭い哲学的観点があったからこそだと発表を聞き感じました。私も学生の内に読んでおきます。

最後の発表者はKさんです。安部博枝さんの『自分のことがわかる本』(岩波書店、2017)というポジティブに物事を考える精神論を解説する新書でした。自己理解のツールとしてポジティブアプローチを紹介していました。また、物事を悲観的に捉える「認知の歪み」について10個のパターンが挙げられていました。内容に関しても簡潔にわかりやすくまとめられ、資料の構成などもよかったです。私自身、悲観的な人間なので個人的にこのような本を紹介はありがたいです。

以上が発表の報告です。新書の発表は非常に有意義だと思います。本をただ読むのと発表に向けて読むのとでは全然違うと思います。人に発表するためには、より深く本について知らなくてはならない上、資料作りの為に何度も本を読み返す。それにより、本に対する理解度が高まっていく。このような過程を経るため、本を人に発表する事には多くのメリットがあります。今後も頑張っていこうと感じました。
最後に、各自発表した書籍は以下の通りです。

相澤先生:坂本尚志 『バカロレア幸福論 フランスの高校生に学ぶ哲学思考のレッスン』 星海社 2018
Rさん:佐藤洋一郎 『食の人類史ーユーラシアの狩猟・採集、農耕、遊牧』 中公新書 2016
N:鈴木亘 『社会保障亡国論』 講談社現代新書 2014
Oさん:西永良成『レ・ミゼラブルの世界』 岩波書店 2017
Kさん:安部博枝 『自分のことがわかる本』 岩波書店 2017