2018年12月14日金曜日

舞台演劇『スカイライト』

 ゼミ生のOです。先日相澤先生とゼミ生二人で蒼井優主演の『スカイライト』という演劇を新国立劇場で観劇しました。今回は、前回観劇した『ヘンリー五世』より小さい劇場でした。劇場の作りも少し変わっており、役者が演じる舞台の前後と左右にも客席がありました。例えるなら、サッカースタジアムのような作りに似ており、役者と観客との距離が近い印象を受けました。

 物語の舞台は、1990年代のイギリスのロンドン。ロンドン郊外の質素なアパートに暮らすキラ(蒼井優)。ある夜、かつての不倫相手の息子であるエドワード(葉山奨之)がやってくる。妻を失って以来、不安定なままの父トム(浅野雅博)を助けてほしいと言い残し、彼は去って行く。数時間後、期せずトムもキラの元へやって来ます。三年ほど前に不倫関係が明るみになって以降、初めて再会した二人が、罪の意識の元で次第にお互いの価値観をぶつけ合っていくストーリです。

 この演劇は、登場人物が3人とかなり少ない人数でした。けれども、一人一人個性があり、また場面ごとに人物の感情が大きく変化していくのが印象的でした。舞台上では、かつて愛し合った男女による激しい言い合いから、対話へと切り替わる展開が何度も見られました。一度は歩み寄ろうとしても結局は対立に転じてしまうのは、男女の複雑な感情が絡み合っているのだと感じました。劇中では、料理を作る場面がありましたが、そこでは実際に料理を作っていたので客席にも料理の匂いがしました。劇場が小さい分、役者と観客が対話できるのがこの劇の良いところだと思います。

 『スカイライト』は一夜物語であり、最初は単純な演劇だと思っていました。しかし、一夜だからこその過去への想いや切なさがあふれ出る作品だったと感じました。

2018年12月11日火曜日

2018年度 2期第10回ゼミ


ゼミ生のOです。後期第10回目のゼミを行いました。今回は最初に相澤先生とRさんが新書紹介をした後に、128日に行われるゼミ発表の最終打ち合わせをしました。

 新書紹介では、まず相澤先生が渡邊啓貴『アメリカとヨーロッパ-揺れる同盟の80年』(中公新書、2018)を紹介しました。本書は、20世紀のヨーロッパ外交史を取り上げており、またヨーロッパとアメリカとの関係も論じられています。ヨーロッパは第一次世界大戦、第二次世界大戦で戦場となり、大きな損害を受けました。当時、荒廃したヨーロッパの復興には、アメリカ合衆国の支援(マーシャルプランなど)が必要であり、アメリカの支援なしには、ヨーロッパは立ち直れなかっただろうと言われています。しかし、アメリカからの支援により、結果としてアメリカの台頭という新しい力関係が生まれたのも事実です。

 次にRさんは川合康三『生と死のことば 中国の名言を読む』(岩波新書、2017)を紹介しました。本書は、生と死について古代中国の思想家や賢者が何を思ったのか、彼らの言葉をもとに探っています。思想家の言葉の意味は一見難しそうに思えましたが、本書では一つ一つわかりやすく解説されていたので意外に読みやすいと思います。大昔の思想家が残した言葉が現代に残る事はもちろん、その教えが現代を生きる私達にも通じる事に重みを感じました。

 新書発表の後は、128日に行われるゼミ発表会に向けて最終打ち合わせをしました。打ち合わせでは、最初にスライドを使い発表のリハーサルをしました。その後に、改善した方が良い点をゼミ生と相澤先生で出し合い、修正しました。これまで準備してきたので、以前より良くなっていると評価を頂きました。しかし、まだまだ改善していけば良くなる所も沢山指摘されたので、そこを上手く取り入れていく必要があると感じました。今日の授業で評価された事を本番でも発揮できるように練習していきたいです。

2018年12月4日火曜日

2018年度 2期第9回ゼミ

ゼミ生のNです。これから活動報告を行います。今回の講義内容は、前半にゼミ発表会の練習、後半にミルの「自由論」の精読といったものです。

まず、ゼミ発表の練習について。ゼミ発表会がいよいよ今週の土曜日までに迫ってきました。資料作りも残すは、最後の意見の擦り合わせだけです。今回、私はあまり資料作りに関わらなかったのですが、発表が良いものになって欲しいと願っています。また、他のゼミが発表会で発表する内容についての情報が啓示され、想像以上の数のゼミが参加していた事に驚きました。分野もさまざまで、身近なものから専門的なものまで幅広く、バリエーションに富んだ発表会になりそうです。楽しみですね。

後半は、ミルの「自由論」の精読です。今回は、この精読に講義の大半使いました。そのお陰で私自身、多くの学びがありました。「自由」について考える時、その「自由」が何によって「自由」と保証されるのか。私達が自由に生きる代償に、私達以外の人達の自由が犠牲になる。その犠牲を正当化する手段に世論がある。しかしミルに言わせれば、その世論は所詮、多数派の利己的な感情によるもので、理性や論理性など何処にも見当たらないものであった。今回の講義で1番印象的な文にこうある。「人間はほんとうに大事に思うものについては寛容になれないのが自然…略」。この言葉は裏を返せば、人間は何処まで利己的な存在で、感情的な生き物だと見ている事になります。これは本当に恐ろしい洞察だと思います。現代に生きる私達の価値観は、自分とは異なる人、文化、習慣に対して頭ごなしに否定せず、理解を示すことに価値を置いています。しかしミルからすればこれらも否定されるのでしょうか。私が信じる「自由」とは、己の個性を最大限に解放出来る生き方です。さて、仮に私の個性が世論に認められないとしたら私はどのようにして「自由」を享受すれば良いのでしょうか。もう少しミルの「自由論」について学びたいですね。

以上で報告は終わりです。
今年ももう終わりです。去年の今頃は、就活の準備に明け暮れていました。あれからもう1年も経ったと思うと日の過ぎる速さに驚愕してしまいます。来年から私は社会人です。来年のこの時期の私は何をしてるのでしょうか、そんな事をブログを書きながら思いを馳せてました。

2018年11月26日月曜日

2018年度 2期第8回ゼミ

 ゼミ生のRです。後期第8回目のゼミを行いました。

 はじめに、メインの活動に入る前に二つの話を聞きました。
 
 一つ目は、1114()に行われた東京経済大学ランチタイム講座「語学リレー講座 日本手話入門」についてです。参加したNさんとOさん、相澤先生から感想を聞きました。一番印象に残った話は、ろう学校では卒業間近に差し掛かるまで手話を使用してはいけないということです。この理由は、社会で手話以外でもコミュニケーションをとれるようにするためです。社会で手話を常用することは出来なくても、こういった彼らの努力を知り、そして忘れないということが大切なことだと思います。

 二つ目は、相澤先生が深井智朗『プロテスタンティズム』(中公新書、2017)に関する話をされました。著者は、研究不正が疑われています。しかし、内容は決してつまらないものではないそうです。面白いけれど、根拠が無いという作品について、また、不正をどう見抜き、何が罰されるべきことなのか等、議論につきない話題があがりました。

 次に、メインの活動を二つ行いました。

 一つ目は、JS・ミル『自由論』(光文社、2012)の輪読です。今回は、人の意見というものは、様々な因子によって左右されるものだということをみました。なかでも印象に残ったのは、「そもそも規則の存在理由など、人からも問われず、自分で考えたりもしないものなので、習慣の力はさらに強まる。」(22)という文章です。はじめにこの文を読んだ時は、そうでもないと思いました。しかし、自分がある定められた規則について考える時、その規則はあくまで自分に興味のあるカテゴリー内のものだということに気づきました。興味の有無で考える機会が増減すること。また、興味があるということはそれだけ意見が感情(様々な因子)に支配されやすいということを改めて感じました。

 二つ目は、128日に学内で行うゼミ報告会の発表準備です。二週間ほど前に参加した学内でのゼミ紹介と異なり、今回の報告会では学びの成果を主に発表するものなので、違った視点から準備を進めていきたいと思います。

 次回ゼミでも、たくさんの学びや気づきを吸収したいと思います!
    

2018年11月18日日曜日

2018年度 2期第7回ゼミ

   ゼミ生のKです。2期第7回ゼミを行いました。今回はまず相澤先生とOさんから点字についてのワークショップに参加しての感想を聞きました。点字を読めるようになるには、相当な努力が必要だと分かりました。実際に体験してみることが重要だと感じました。
その後、新書紹介へ移りました。今回はレジュメを作らず、口頭での発表でした。

 最初にSさんが、石川理夫『温泉の日本史』(中公新書、2018)を紹介しました。本書は温泉の専門家が、温泉の起源や歴史についてマニアックに論じています。そこから筆者が思う理想の温泉の在り方が伝わります。私は発表を聞いて温泉の歴史が飛鳥時代から始まったということに驚きました。
 
 続いてNさんが、澁谷智子『ヤングケアラー』(中公新書、2018)を紹介しました。本書の内容は、高齢化社会の現在取り上げるべき課題でありました。ヤングケアラーとは、病気や障害あるいは精神的な問題を抱える親や兄弟、祖父母を18歳未満の子供がケアすることです。10代から介護をしていると成長する時期にも関わらず、自分のために時間を使えないのでうつ状態になってしまうこともあると知ることができました。

 次は相澤先生が、松沢裕作『生きづらい明治社会』(岩波ジュニア新書、2018)を紹介しました。明治時代はいつクーデターが起きるかわからない世の中でした。その中で生きる人々は国家を信用することができず、不安がありました。そのため人々は国家をあてにできないので自分自身をあてにして生きていくしかありませんでした。この時代背景から「頑張れば成功できる」という道徳が国民の中に生まれました。しかしこの道徳は「成功できないのは頑張っていないからだ」という考えにもつながり、社会的や経済的な弱者にとって生きづらい世の中であったのだと分かりました。

 次にOさんが、宇田賢吉『電車の運転』(中公新書、2008)を紹介しました。本書はタイトルの通り電車の運転についてかなり専門的に説明されています。例えば、電車の車輪はレールとの接地面が狭いので小さな力でも動かせることや、カーブするときにはレールの角度をつけることで車体のバランスをとることなどが説明されていました。深く掘り下げると興味深そうだと感じました。

 最後に私Kが、小谷野敦『もてない男』(ちくま新書、1999)を紹介しました。本書で筆者は「もてないこと」について好きでもない異性に関係を求められることではなく、自分の好きな人に相手にしてもらえないことだと言っています。筆者が考える独特な恋愛論が、過去の文学作品や漫画の抜粋を交えて書かれていました。

 新書紹介の後は、JS・ミル『自由論』(光文社、2012)の読み合わせを行いました。今回もひと段落ごとにJS・ミルが何を伝えたいのかをクラスメイトで意見を出し合いながら読み進めました。すると一人で読んでいたら深く考えずに流してしまうであろう部分が、意見を出し合うことで、新たに気づくこともありました。内容もまだあまり進んではいませんが、JS・ミルの考える自由が、これから次々に出てくるような気がしてきました。可能であればもっと時間をとって一気に読み進めたいなと感じました。

2018年11月7日水曜日

2018年度 2期第6回ゼミ


 ゼミ生のOです。今回は最初に、この日行われた経営部一年生向けの『アカデミック・コンパス』の報告をRさんとNさんからしてもらいました。その後は、各自が読んできた新書を発表しました。

 新書発表では、最初に相澤先生が佐藤仁『教えてみた「米国トップ校」』(角川新書、2017)を紹介しました。本書は、アメリカと日本の大学の良い所と悪い所を比較しています。日本の大学の良い点では、学生と教員の距離が近い事が挙げられます。理由は、日本の大学では教授の先生のゼミや授業が受けられるからです。比較対象としているアメリカの大学では、非常勤講師が主に授業を担当しています。一方、アメリカの大学の良い点では、教員が研究に専念できる点です。日米の大学、それぞれ優れた所がある一方で、まだまだ改善すべき事があります。大学教育で何が正しいと正解を出す事は難しいと感じさせられる一冊でした。

 次に私Oが井上史雄『日本語は年速一キロで動く』(講談社現代新書、2003)を紹介しました。本書は、日本語の方言がどれくらいの速さで他地域に伝わっていくのかという問いに答える本です。その一例として「ウザッタイ」が上げられます。「ウザッタイ」は元々多摩地域で話されていましたが、1980年代に東京山の手に進出し、全国へと広がりました。本書からは、私達が普段使っている言葉の中には、地方の方言由来の言葉が多い事に気づかされました。

 Rさんは、浜田寿美男『虚偽自白を読み解く』(岩波書店、2018)を紹介しました。本書は、虚偽自白はどのようにして生まれ、虚偽を暴く為にどのようにすれば良いのかを論じる本です。著者がこれまで関与してきた事件を中心に虚偽自白を読み解いています。日本の取調べでは、自白調書の形で記録され、被疑者自身の手で署名・押印します。無実の人が厳しい取調べを繰り返されると、署名・押印を拒否する余力は残っていません。この様な方法から、無実の人が真実を語っても、信じてもらえないという無力感が虚偽自白に大きく影響しているとのことでした。虚偽自白による司法の問題点を考えさせられます。

 Nさんは、千住淳『自閉症スペクトラムとは何か』(ちくま新書、2014)を紹介しました。本書で言う自閉症スペクトラムとは、他者との関わりやコミュニケーションに困難さを抱える事を言います。社会における障がい者への理解が難しい理由として、自分と似たグループを作り、他者を排除したり、多数派が正当だと考えてしまうという人間の心理が挙げられます。Nさんの報告を聞いて、障がい者への差別をなくすには、私達が障がいを持っている人の「考え」を理解する必要があると感じました。

 Kさんは、坂本真士『ネガティブ・マインド なぜ「うつ」になる、どう予防する』(中公新書、2009)を紹介しました。本書は、鬱という感情を発生させる心の動きを「ネガティブ・マインド」と名付け、その仕組みを認知心理学や社会心理学の知見を元に明らかにしています。鬱になりやすい人と状況とは関連があります。例えば、人から色々言われて、ダメな自分にばかり目が行ってしまうような事態です。そのため、鬱にならない為には、気晴らしや人とのつながりで思考パターンを変える事が重要とのことでした。

 葵祭休みで2週間ぶりのゼミでしたが、各自興味深い新書を紹介してくれました。今後ゼミ生がどんな新書を紹介してくるのか楽しみです。

2018年10月24日水曜日

2018年度 2期第5回ゼミ

ゼミ生のNです。今週の講義内容は、前半に教科書の『はじめようロジカル・ランティング』を進め、後半にアカデミックコンパスの発表練習を行いました。いつもとは違い、新書発表はありませんでした。講義後、他のゼミの海外研修報告会が行われていたので、ゼミ生一同でその報告会に参加させていただきました。その時の感想も書こうと思います。

まず、前半に行った『はじめようロジカル・ランティング』について。今日は「理由付け」について学びました。主張との関連や主張の重要性を深めるツール等、文章作成における「理由付け」の重要性を再確認出来ました。

次にアカデミック・コンパスの発表練習を残り時間を使って行いました。当日、スクリーンニに写す資料も完成し、その資料を使いながら本番をイメージした練習を行いました。一年生にどれだけこのゼミの魅力を伝えられるのか、みなで意見を出し合ってブラッシュアップを行いました。その甲斐あって、出来のいい仕上がりになっています。本番が楽しみです。

講義後は、二つのゼミの海外研修の報告を聞きに行きました。一つ目のゼミは、幾人かに分かれて東南アジアに工場を持つ日本企業を回り、また実際に工場で働く日本人にお話を伺い、それらをまとめた発表を行っていました。その国の価値観や習慣に動揺しながらも外国人と上手くコミュニケーションを取り会社を経営している日本人の様子、海外に市場を広げることによって生じる問題など、日常生活の中では聞くことができないお話を聞く事ができて有意義な時間でした。特に、コミュニケーションに関する考察は興味深かったです。発表では、外国人とのコミュニケーションにおいて大事なスキルは「日本語の表現力」と主張していました。筆者のように外国人と接する機会が乏しい人間はどうしても単語の知識や言い回し、文法ばかりに目がいってしまいます。それらより「日本語の表現力」の重要性を説いた事に驚きました。このゼミは、現地の人達とグループワークも経験したそうです。恐らく、その活動の中で「表現力」の大切さに気がついたのでしょう。

二つ目のゼミはアメリカ、カリフォルニアにあるシリコンバレーに行ってきた報告を行いました。シリコンバレーは多くの新興企業や技術系のグローバル企業が密集している地域で、中でもApple社やFacebookなどは有名です。このゼミは、本場のIoT専門店や最先端技術を体験する事を目的に、多くの先端技術を発表していました。しかし、筆者のような文系人間では理解が及ばず、ただただ驚くことしか出来ない自分が恥ずかしいばかりです。また、小売店実態調査も行っており、アメリカでは有名な小売店の販売戦略を独自で調査し、その考察も発表していました。このゼミは、少し踏み込んだ内容となっており、市場戦略や購買力に関する問題など大変勉強になりました。

以上で報告を終わりにします。
ゼミの海外研修発表会に参加して、同じ大学内でもこんなに様々なゼミが活動しているに驚きました。私もこれらのゼミに負けないぐらい立派な活動をしていきたいです。