2019年7月27日土曜日

ゼミ生のNです。金曜日に引き続き、今日は新国立劇場にて演劇を鑑賞してきました。演目は「骨と十字架」です。



この物語は古生物学者であり人間の進化について研究しているテイヤールを主人公に進んでいきます。テイヤールは進化論を主張することにより北京へと左遷されることになります。しかし、このことが北京原人の発見につながり彼にとって大きな出来事となります。信仰と学問、衝突する二つのはざまで人はどのように振舞うのか演じられていました。
特に印象的であったのが、主人公が北京原人の頭蓋骨を発見しそれによって、バチカンの担当者と言い争いをした後に「神の身許に」と言ったシーンです。私にはこの言葉の意味が純粋にこの発見の解釈を神の判断にゆだねるという意味なのか、それとも自ら命を絶つという意味なのかは結論が出ませんでした。皆さんはどう考えますか?ぜひ考えてみてください。

私はこの演劇を見て思ったのは教会と科学の関係についてです。キリスト教においては、一般的に神が人間を作ったことになっています。しかし、科学的には人間は猿から進化し、そこに神が介在しないことはわかっていることです。そして、このことはさらなる科学の発展によってより強固なものになるでしょう。しかし、キリスト教は神が人間を作ったという教えを信じています。この矛盾をキリスト教はどのように説明するのでしょうか。非常に気になります。

2019年7月26日金曜日

国立新美術館で現代アートに触れる。

ゼミ生のTです。今回は、課外活動で国立新美術館に現代アートを見に行ってきました!

夜の国立新美術館。
(撮影:相澤)
国立新美術館では、クリスチャン・ボルタンスキー展が開催されていました。今回は、社会人の方と一緒に展覧会担当のキュレーターさんから説明を受けて、美術鑑賞をしました。

ボルタンスキー展では、ボルタンスキー本人が空間を意識して展示したいということで、それぞれの作品の位置や展示の仕方を考えたそうです。

館内のゼミ生。
(撮影:相澤)




展示場は全体を通して暗い雰囲気でした。はじめ、「咳をする男」と、「舐める男」の映像が流れている部屋を見ました。入ってすぐ、苦しそうに咳をする男の映像がながれ、第一印象は怖い、苦しいというものでした。それから進んでいくと、写真などを使ったいろんな作品が展示されていました。ほかにも多くの顔写真を使った作品が展示されていました。顔写真の多くは、ユダヤ人の顔写真らしく、写真の人の生死はわからないそうです。それもまた不気味さを感じる理由なのかもしれないと思いました。

少し進むと心臓の音が鳴るところにつきました。個人的な印象としては、慣れない大音量の心臓の音は不気味に感じました。

さらに進んでいくと、主に顔写真が多く使われている作品がある部屋に着きました。明るめの部屋だったのですが、ぼやけた顔写真が光で照らされている作品がおおく、遺影にも見えました。そして、心臓の音の部屋のすぐ近くだったので、心臓の音も聴こえてすこし怖い印象も持ちました。

また進むと、東京限定のカーテンの作品がありました。そこからは写真撮影OKだったので、写真をたくさん撮りました。

撮影:ゼミ生T。以下同。


カテーンのところを抜けると目の前におおきな服の山がありました。ほかにも色々な作品がありました。他の作品をすこし写真で共有したいと思います。






全体を通して、作品の説明が書いてある場所がないので、作品を理解しにくいことがたくさんありました。しかし、それも鑑賞者が自由に感じていいというボルタンスキーの意図でもあるそうです。

私は現代アートをみるのは初めてだったので、いろいろと新鮮でした。他の現代アートも見てみたいと思いました。普段の自分なら見なかったであろう現代アートをゼミで見に行くことができて、とても貴重な体験になりました。

2019年7月17日水曜日

2019年度前期 第12回

担当教員の相澤です。今日は前期の最終回ということで、図書館で夏休みの課題図書探しと個人面談を行いました。

本ゼミは、来年2月に海外ゼミ研修でフランスのパリに一週間滞在する予定です。そのパリ研修の事前学習となる本を読むことが夏休みの課題です。今日のゼミでは、夏休みに読むフランス関係の本を探しました。

まず、私がガイドをして図書館内のフランスに関係する本が並ぶ書架を巡りました。その上で、フランスに関連する本を三冊以上探すよう指示しました。最後にみんなで探してきたフランス関連本を眺め合い、その中から夏休みに読む本を数冊選ぶことにしました。

本選びをするセミ生たち。
小説、歴史、哲学と
様々な本が並びました。
本探しと並行して、図書館内の学習室でゼミ生全員と個人面談を行いました。事前に自己評価シートを記入してきてもらい、それを見ながら前期に成長できた部分や後期の課題を確認しました。

ゼミで(ほぼ)毎週、新書発表を継続したことによって、ゼミ生は読解力と発表する能力がぐっと向上しました。一方で、経験を積んだからこそ見えてくる課題もあります。こういったことを言葉にして確認、意識することがさらなる成長につながると考えます。

さて、面談を終えたところで学習室に全員集合し、各自が選んだ本たちを机いっぱいに並べました。各自どんな本を選んだのか簡単に紹介し、机の上のたくさんの本を眺めて、読みたい本を選びました。

時間のある夏休みに様々な本を読んで、興味と知識の幅が広がれば広がるほど、フランス滞在は有意義なものになると思います。Bonnes vacances et bonne lecture !




2019年7月10日水曜日

2019年度前期 第11回

こんにちは、ゼミ生のHです。第11回行いました。今回は新書発表を行いました。

最初にMさんが、手塚治虫『ぼくのマンガ人生』(岩波新書、1997)を紹介しました。漫画の神様と呼ばれる手塚治虫氏の半生を振り返り、彼がマンガに込めたメッセージを読み取っていくという内容になっているそうです。医学生だった頃の経験から書いた『ブラック・ジャック』には「患者の病気だけではなく心を救おう」というメッセージが込められているそうです。私はブラック・ジャックが好きで、その作中に負傷したイリオモテヤマネコと赤ちゃん、裕福な太った男の人が出てくるシーンがありました。ブラック・ジャックは絶滅危惧種であるイリオモテヤマネコから先に治療を始め、その後に赤ちゃんを直し、最後に裕福な太った男を手術をしていきました。そこには戦争体験から得た人と動物の命も平等であるというメッセージが込められていると感じました。

 次にAさんが上杉忍『アメリカ黒人の歴史 奴隷貿易からオバマ大統領まで』(中公新書、2013)を取り上げました。黒人たちがアメリカ社会の底辺から社会的上昇をとげた公民権運動を経て現代まで、差別にさらされながらも、境遇改善への努力を重ねてきた黒人たちの歩みを辿った本だそうです。人種エチケットや人種ラインなど人種を分けるルールが存在していて、白人領域に入ってしまった黒人が暴行を受けていたり、他にも色々と公私問わずに差別がありました。そうであったにもかかわらずに自分達の公民権の獲得のために運動を起こした事は、今の世界を形作った大きな出来事だと私は思いました。

 次はKさんが高良倉吉『沖縄問題 リアリズムの観点から』(中公新書、2017)を紹介してくれました。琉球という国は中国にも日本にも属さない独立な王国であったそうですが、日本が現代国家として領土を明確にするために消滅してしまったそうです。琉球語は日本語がルーツになってることから文化的な親和性や一体性があり、領土の侵略よりは奴隷解放に近い形で日本になったとのことです。発表を聞いて、確かに琉球語が日本語がルーツになってるという事には納得出来ました。他にも日本と沖縄の時代区分や米軍基地があっても優遇されているわけではないという知らなかった事も知れたいい機会になりました。

 次にOさんが宮田律『物語イランの歴史』(中公新書、2002)を取り上げてくれました。古代には、広大な帝国を築いたイラン(ペルシャ)が、優れた技術を持ち独自の文化を守り続け、今後どのような方向へと向かっていくのかをイランの歴史を辿りながらイランの真実の姿を伝える一冊になっているそうです。イラン人には大帝国を築いたプライドがあり、周辺の「アラブ」や「トルコ」と言った民族に対する優越感をもっているそうです。元はイスラエルと良好な関係であったそうですが、イラン革命後は他のイスラーム国家と同様に敵として対立関係になってしまったという。私はイランという国を良く知らず、石油が取れるくらいの知識しかありませんでした。今回の発表を聞き、日本とは良好な関係ということを知り良い印象を持ちましたが、今後ニュースなどでイランが取り上げられた時は注意して見てみようとおもいました。

 最後は私が、池上俊一『お菓子でたどるフランス史』(岩波ジュニア新書、2013)を紹介しました。この本は文化立国フランスを彩るものの中で、世界中の人たちを魅了してきた「お菓子」を辿りフランスを精髄に迫っていこうという本になっています。17世紀、砂糖は贅沢品でありました。その砂糖をふんだんに使って作られるお菓子は自分の地位を示すのに使われてきました。イギリスがヨーロッパ大陸の国から経済制裁として輸入を制限されている時、砂糖を巡って戦争が起こるほど喉から手が出るくらいに貴重な食べ物でした。時代が進み、食卓上では視覚を重視しされ始め、お菓子の美しさが食事に花を添えるようになりました。街のお菓子屋さんにはブルジョワたちが甘い宝石のようなお菓子を求め列を作ったそうです。ゼミ研修でフランスに行った時にはお菓子屋さんを気にして街を見てみたいと思います。

 今回は「歴史」という共通項を持った話が多く、様々な視点から歴史を紐解き、作者や発表者の意見を聞けた良い新書発表になったと思います。歴史に関わる知らない知識が多くあったので、これからは歴史というものにアンテナを張りながら現在との比較なども行なっていきたいと感じました。

2019年6月26日水曜日

2019年度前期 第10回

こんにちは、ゼミ生のAです。第10回ゼミを行いました。今回は新書発表を行いました。

 最初にKさんが、工藤重矩『源氏物語の結婚 平安朝の結婚制度と恋愛譚』(中公新書、2012)を紹介しました。平安時代の婚姻制度「一夫多妻制」の理解を踏まえて、源氏物語について読み解く内容となっているようです。発表を聞いて、源氏物語という存在はよく知っていますがその内容はというと知らないことに今さら気づき、これを機にいつか読みたいと思いました。

 次にTさんが、南野忠晴『正しいパンツのたたみ方』(岩波ジュニア新書、2011)を取り上げました。家庭科という科目を通じて、毎日の生活を振り返りながら自分の生き方に役立つ技術や考え方などを身につけ、生きることを存分に楽しんでもらうといった概要になっているそうです。私は母と一緒に住んでいて朝ごはんや夕ご飯を作るのは全て任せきりにしてしまっているので、時間がある時は代わりに作り少しずつ自立して楽しいと感じることを増やしていきたいと思いました。

 次にOさんが、牧野雅彦『ヴェルサイユ条約』(中公新書、2009)を紹介しました。世界初の世界戦争の終結と戦後の新しい秩序を作っていく中で決められたヴェルサイユ条約。しかし条約締結に至るまでは様々な壁があり、そのような苦難をどのような経緯で乗り越えていったのかが紹介されているそうです。日本は第一次世界大戦では戦勝国でありましたが、第二次世界大戦ではドイツのような敗戦国となり、戦争責任をおいました。私は戦争はもう二度と起こしてはいけないと思っているからこそ、第一次世界大戦があったからこそ結ばれたヴェルサイユ条約、そして第二次世界大戦について深く理解しておきたいなと感じました。

 次にKさんが、正高信男『父親力 母子密着型子育てからの脱出』(中公新書、2002)を取り上げました。内容としては、母性は子供にとって安全基地のような働きを、対して父性はそこから巣立ち一人前になることを促す役割を持っていて、それが子供の社会化に影響するとなっていました。例で落語家の話が取り上げられていましたが、落語家の親は「なれ」と言ったことはないけれど、職場に息子を連れて行き仕事に体験させます。息子はそれがきっかけで落語家を目指しました。大事だからと過保護にしすぎるのではなく、大事だからこそ子供の世界を広げてあげる役になり、様々な体験をさせてあげるべきなのだなと感じました。

 次にHさんが、橋本治『人はなぜ「美しい」がわかるのか』(ちくま新書、2002)を紹介しました。作者は人がなぜ「美しい」がわかるかを理科系知識を用いず、理屈のみで「美しい」について解き明かしていこうといった本になっているそうです。男性の多くは恥ずかしいというのが理由で、あまり「きれい」や「美しい」などの言葉は使わないらしいです。しかしそのせいで感情の退化が起きて、「美しい」というものがわからなくなってしまうそうです。発表を聞いて、他人が「美しい」という言葉を使うことは聞いたことがありますが、私自身が「美しい」という言葉を使った覚えはないのに気づき、これはどうなっているのと考えさせられました。

 次に私が、池内紀『今夜もひとり居酒屋』(中公新書、2011)を取り上げました。町の片隅で赤い提灯を下げている居酒屋。酒に食べ物、店主と客がおりなす独特の時間がそこにあり、そんな居酒屋について詳しく説明されていました。面白いと感じたのは、居酒屋で使われるお品書きには3つのタイプ(黒板タイプ、表記タイプ、ビラタイプ)があり、それを見ればなんとなくその居酒屋にはこだわりなどはあるのか、またやる気の入り具合などが分析できるという点でした。20歳になったらぜひ居酒屋におとずれてみたいです。

 最後にNさんが、福島章『犯罪精神医学入門ー人はなぜ人を殺せるのかー』(中公新書、2005)を紹介しました。人が人を殺す理由としては、①脳に微細な点で健常人とは違った変異をもって生まれ、②幼少時に過酷な虐待心的外傷を受けて育ち、③平均的な人とは違う性格を持ち場面によっては低水準の自我の防衛機能を働かせ、④多彩だが否定形的な精神症状を示す。そして深刻な不適応が生じると、⑤自殺願望を抱くが、自らの死を果たすためにはまたは自らの死を招くためには、⑥人を死に至らしめる。これら6つ全てをこなす時、シリアルキラーなどが生まれ、ここでは大量の殺人を起こしてしまうのではないかと話していました。最近川崎市では18人の人が刺され小学生の女児と男性が死亡するという事件がありました。先ほど6つの条件を述べましたが、どれか1つだけでも満たさなければこんな事件も起こらなかったのではと思うととても悲しい問題だなと感じました。

 今回は普段の生活に関係のあるものが特に多いなと感じました。今回の新書発表を終えて、今までは少しも気にしたことがないものにこれからはできるだけ目を向けたみたいなと感じました。

2019年6月18日火曜日

2019年度前期 第9回


 ゼミ生のOです。第9回ゼミを行いました。今回は、前回鑑賞した映画『ズートピア』から各自が感じた事や考えたとについてディスカッションしました。

最初にそれぞれが感じた事を一つずつ言っていきました。そのなかでもゼミ生が一番感じ取った事は「肉食動物と草食動物との偏見」でした。大都会ズートピアでは、多種多様な動物が共存している街です。しかしその実態は、肉食動物と草食動物がお互いにレッテルを貼り、できる事や役割を決めつけています。そうしたお互いのステレオタイプがやがて深刻な対立を生む過程へと繋がる恐ろしさを共有しました。また、ディスカッションをしていく中で重要なメッセージとして、映画で描いている対立関係は人間社会にも当てはまる事が読み取れます。肉食動物と草食動物、大型動物と小型動物の異なる他者の違いは、人間社会で言う人種、性別、健常者と障がい者の違いによる差別や偏見にも当てはまります。動物(人)を見た目だけで判断することが危険であり、見た目ではなく内面を見ていくことがとても重要である事が伝わりました。

 他にディスカッションをする中で見えてきたメッセージとして「幸せ」とは何かという問い(メッセージ)について考えさせられました。主人公のジュディーは、両親の心配をよそに自分の夢である警察官になる道を選びました。警察官になると危険や困難な事が数多くありますが、自分自身の夢や好きなことを実現する事も幸せであると考えられます。一方で、ジュディーの両親が言うような伝統的なウサギ(農家)の暮らしも幸せな生活でしょう。しかし、ジュディーの両親は、そのような生活をしてたまたま幸せと感じただけかもしれないと言う捉え方もできます。「幸せ」の捉え方は、必ずしも自分と他者が同じと感じる事は無く、客観的に捉えることは難しいのだと考えさせられました。

 『ズートピア』はディズニー映画であり、ディズニー映画と聞くと子供から大人まで楽しめる映画というイメージがあります。しかし、その内容には人間社会の様々な問題を数多く反映しており、制作者のメッセージが読み取れます。現実世界で考えても、この映画の制作国であるアメリカ合衆国が今現在抱えている社会問題を再現しているようにも感じられます。映画と現実世界を対比する事で私達の世界が『ズートピア』から見えてくるでしょう。

2019年6月16日日曜日

国立劇場で歌舞伎鑑賞。

ゼミ生のMです。今回は課外活動で、歌舞伎を見に行きました。

国立劇場に入って最初に始まったのは、歌舞伎鑑賞教室でした。その後の演目で出演する演者さん、中村虎之助さんが面白楽しく歌舞伎についての解説をしてくれました。歌舞伎に関わる話が聞けて、より今回の演目を楽しんでみることができました。

歌舞伎教室はポップな演出。
インスタ用に写真を撮る時間も。
歌舞伎教室ということで、
若い人がたくさん来場していました。













今回の演目は「神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)」といわれる江戸時代に人形浄瑠璃として演じられ、のちに歌舞伎でも演じられるようになった演目です。作者の福地鬼外は平賀源内のペンネームの一つで、源内は軍記物語『太平記』の一部を元にこの作品を書きました。


 内容としては、お舟と呼ばれる少女が数時間前に出会った新田義峰のために命を燃やしてその身を守ろうとするお話しです。自分としてはお舟が義峰に出会った瞬間、一目ぼれして舞い上がってしまったシーンが、印象深く残っています。この演目のラストは悲しいものになっており、お舟が心のそこから恋をしてしまうこの楽しいシーンは、心に来るものがあります。 

他にも歌舞伎の上演中に流れる三味線や歌は、場面の臨場感をより鮮明にし、まるで自分たちもその場に立ち会っているかのようでした。機会があれば、また歌舞伎を見に行きたいです。